ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984) : Romancing the Stone

南米コロンビアの密林を舞台に、エメラルド争奪戦を描く冒険映画。製作・主演はマイケル・ダグラス。監督はロバート・ゼメキス。脚本はダイアン・トーマス。出演はダグラスの他にキャスリーン・ターナー、ダニー・デヴィート、ザック・ノーマン、マヌエル・オヘイダなど。メキシコでロケ撮影された。

監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナー、ダニー・デヴィート、ザック・ノーマン、マヌエル・オヘイダほか

amazon : ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)
prime video : ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)
・ U-NEXT : ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)

dTV : ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)
・ NetFlix : ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)
・ YouTube : ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)のストーリー

ロマンス作家のジョーン・ワイルダー(キャスリン・ターナー)は、新作を出版社の編集者グロリアに届けて帰宅すると、部屋中がめちゃくちゃになっていた。犯人は何かを探していたらしい。やがて、南米コロンビアにいる姉イレインから電話がかかってきた。彼女はギャングに誘拐されており、数日前にジョーン宛に夫が出した手紙の中にある地図を持って来てほしい、というのだ。たしかに地図は届いていた。ジョーンは、早速コロンビアに飛ぶ。指示通リカタルヘナに行こうとするが、言葉が通じない。やっと英語の分る男に教えられてバスに乗り込む。この男、実はジョーンの持っている地図を狙う悪徳軍人のゾロ(マヌエル・オヘイダ)であった。なかなかカタルヘナにつかないので不安になったジョーンが運転手に話しかけ、応待に気をとられた運転手はトラックにバスをぶつけてしまう。バスは横転し、運転手、乗客は歩いてどこかへ行ってしまう。1人になったジョーンは、トラックの持ち主ジャック(マイケル・ダグラス)に電話のあるところまで連れていってくれるよう頼む。ジャックはがめつく案内料を請求する。雨が激しく降る中、ジャングルを歩く2人。ゾロは軍隊を使って2人を追う。2人は必死に逃げ、翌日、ジャングルに不時着していた貨物機の残骸を発見し、そこで夜を明かす。ジャックは帆船で世界の海をめぐる夢を話し、ジョーンも身の上話をして地図を見せた。地図には中央にフォークの型をした図が書かれていた。イレインを誘拐したギャングのボス、アイラ(ザック・ノーマン)はジョーンが来ないので、彼女を空港まで迎えに出たいとこのラルフ(ダニー・デヴィート)に当たりちらす。ジョーンとジャックは、密輸業者の巣だという村につき、ボスの前に連れてこられる。ボスのホアンは、ジョーンの小説の愛読者だった。ホアンのおかげで、2人はゾロの攻撃をあやうく逃れて、電話のある町までいく。電話でアイラと連絡がついたジョーンは、ジャックに約束の金を小切手で支払う。ゾロ一味が彼女のとまっているホテルを襲撃し、ジョーンとジャックは路上の車を失敬して逃亡する。ジャックは町の近くにあるサボテンがフォークそっくりの形をしていたことから推理し、そこに向かう。そして、サボテンの近くにあった鐘乳洞の中から巨大な緑色の宝石、エメラルドを発見する。いったんラルフに宝石を取られるが、ゾロの攻撃であわてたスキに奪いかえす。逃走の途中でジャックと離ればなれになったジョーンは、アイラのもとにたどりつく。ジョーンとイレイン、そしてアイラとラルフ、ジャックとゾロが一同に集まった。そこはアイラの本拠地でワニがうようよいた。宝石を握るゾロの手にワニが喰いついた。ジャックはそのワニを追って姿を消す。ニューヨークに戻ったジョーンが出版社のビルから外に出ると、そこにはジャックがおり、車に帆船が積んであった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Indiana Jones and the Last Crusade (1989) / インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

  2. ナイルの宝石 (1985) : The Jewel of the Nile

  3. Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull (2008) : インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

  4. Raiders of the Lost Ark (1981) : レイダース/失われたアーク《聖櫃》

  5. Indiana Jones and the Temple of Doom (1984) : インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。