Goldfinger (1964) / 007 ゴールドフィンガー

『007 ゴールドフィンガー』(ゼロゼロセブン ゴールドフィンガー、Goldfinger)は、イアン・フレミングの長編小説『007』第7作。また1964年の映画『007』シリーズ第3作。アカデミー音響効果賞受賞。

 ・ amazon : Goldfinger (1964) / 007 ゴールドフィンガー

 ・ Youtube : Goldfinger (1964) / 007 ゴールドフィンガー

Goldfinger (1964) / 007 ゴールドフィンガー のあらすじ

メキシコで革命家ラミレスの工場を爆破したジェームズ・ボンドは、襲ってきたラミレスの手下をバスタブで感電させ返り討ちにした。その後ボンドはマイアミへ飛び、ホテルで富豪のオーリック・ゴールドフィンガーが行っていたカードゲーム(ジン・ラミー)のイカサマを妨害して、イカサマの手伝いをしていたジル・マスターソンと親密になる。だが、ボンドはゴールドフィンガーの部下オッドジョブに襲われ気絶し、その間にジルは裏切りの報いで全身に金粉を塗られ、皮膚呼吸をできなくされて殺されてしまった。

ボンドはMから、ゴールドフィンガーの金の密輸に関し調査するよう命令され、彼の経営するゴルフ場で旧ナチスの金塊(トプリッツ湖より回収した、その量実に5000ポンドにものぼる1940年エッセン製のもの)を餌に賭けゴルフを行う。ボンドはラフに入ったゴールドフィンガーのボールを足で踏みつけ隠すと、オッドジョブが偽ボールを用意してイカサマをしたので、ボールをすり替えてルール違反で負けさせた。

ボンドは、ゴールドフィンガーのロールス・ロイスにホーマー(発信器)をつけ、彼が乗ったジュネーブ行き400便を追う。スイス国内をアストンマーティン・DB5で尾行中、フルカ峠で女性がゴールドフィンガーを狙った弾が当たりそうになり、ボンドは彼女の車(フォード・マスタングコンバーチブル)を追跡して、特殊装備でタイヤをパンクさせる。彼女はティリー・ソームズと偽名を名乗ったが、実はジルの妹ティリー・マスターソンで、ゴールドフィンガーを仇と狙っていたのだった。

その夜、ボンドはオーリック社の工場に潜入し、ゴールドフィンガーと中国工作員のリンとの話を盗み聞き、ロールス・ロイスのボディを18金製に替えて密輸したことを知ったうえに、「グランド・スラム計画」なる言葉を聞く。一方、ティリーはゴールドフィンガーを再度狙撃しようとし、ボンドはそれを阻止するが、二人は一味に発見され、ティリーはオッドジョブに殺されてしまう。捕まったボンドは、一時は職員のスキを突き逃げるも結局再び捕まってしまいレーザー光線で殺されそうになるが、「グランド・スラム計画」を知っているとはったりを言って救われる。

ボンドは女性パイロットのプッシー・ガロアが操縦する飛行機で、アメリカのケンタッキー州に連行される。途中、洗面所でマイ・リー乗務員の監視をすり抜け、ホーマーを装着する。プッシー・ガロア空中サーカスがある飛行場に到着後、オーリック牧場の地下に監禁されるが、牢獄を抜け出し、「グランド・スラム計画」の概要を盗み聞きする。「グランド・スラム計画」とは、アメリカ連邦政府が大量の金塊を保管している「合衆国金塊貯蔵庫(英語版)」があるケンタッキーのフォート・ノックス陸軍基地(英語版)上空で、プッシー達の空中サーカスがミスター・ミッドナイトより手に入れたガスを散布。プッシーらはこのガスを「吸い込むと24時間失神するが15分間で消滅する神経ガス」と説明されており、その報酬でバハマ移住を計画しているが、実際は人間を即死させるデルタ9(殺人ガス)である。その後にゴールドフィンガー一味がフォート・ノックスに入るが、金塊を盗むのではなく核物質をまき散らす一種の「汚い爆弾」を中で爆発させる。金塊は放射性物質で汚染されて58年間は搬出不可能となり、西側諸国の金価格は暴騰。ゴールドフィンガーが保有している金の価格も急上昇し、彼に協力する中国も世界的経済混乱から何らかの利益を得る、というものであった。グランド・スラム計画に乗らなかったシンジケートのボスの一人ソーローは、オッドジョブに殺され車(リンカーン・コンチネンタル)ごとスクラップにされてしまった。

ボンドは、馬小屋でプッシー・ガロアと親密になって彼女を改心させ、CIAに連絡させる一方、散布するガスを詰め替えさせた。グランド・スラム計画当日、空中サーカスの散布したガスでフォート・ノックスの兵士たちは倒れ、ゴールドフィンガーらは金塊貯蔵庫に入り核物質をまき散らす爆弾を設置する。しかし死んだふりをしていた兵士らが起き上って貯蔵庫を攻撃、一味の計画は失敗し、ゴールドフィンガーは工作員のリンを殺し、ボンド、オッドジョブ、キッシュを貯蔵庫に閉じこめたまま逃走した。キッシュは爆弾を停止しようとするが、オッドジョブに1階から地下3階(12m)に落とされて死ぬ。ボンドはオッドジョブと格闘して感電死させ、起爆の7秒手前で爆弾を停止させた。

ボンドはアメリカ大統領に招待されて迎えの飛行機に乗る。だが同機の乗務員はゴールドフィンガーとその手下にすり替わっていた、機内での戦いの際に客席の窓が銃撃で割れ、ゴールドフィンガーは空中に吸い出された。ボンドとプッシーは、辛くもパラシュートで脱出し助かるのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です