Kill Bill Vol.2 (2003) / キル・ビル Vol.2

『キル・ビル』(Kill Bill )は、2003年のアメリカ映画。監督 : クエンティン・タランティーノ、製作 : ア・バンド・アパート。
タイトルの通り、主人公を絶望の淵に落とした張本人である黒幕「ビル」とその配下に復讐するハードバイオレンス・アクションムービーだが、ブラック・コメディの要素も強い。
『Vol.2 』の舞台はアメリカ、中国(回想シーン)、メキシコである。
タランティーノ曰く「アクションを抑えて、ラブストーリーを描いた一作目とは違う映画」。

Kill Bill Vol.2 (2003) / キル・ビル Vol.2のあらすじ (Vol.2)

オーレン石井とヴァニータ・グリーンに復讐を果たしたザ・ブライド(ユマ・サーマン)は、結婚式を襲撃した実行犯の残る2人、ビルの弟で現在は酒場の用心棒として働いているバドと、ビルの現在の愛人であるエル・ドライヴァー、そして結婚式襲撃の首謀者であるビルに復讐するため、まず手始めにバドが住んでいるテキサスへと向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です