Kill Bill Vol.1 (2003) / キル・ビル Vol.1

『キル・ビル』(Kill Bill )は、2003年のアメリカ映画。監督:クエンティン・タランティーノ、製作 : ア・バンド・アパート。
タイトルの通り、主人公を絶望の淵に落とした張本人である黒幕「ビル」とその配下に復讐するハードバイオレンス・アクションムービーだが、ブラック・コメディの要素も強い。当初は『#キル・ビル Vol.1』と『#キル・ビル Vol.2』がひとつの映画になる予定だったが2本の作品となり、『Vol.1』の舞台はアメリカと沖縄・東京、『Vol.2』の舞台はアメリカ、中国(回想シーン)、メキシコである。

Kill Bill Vol.1 (2003) / キル・ビル Vol.1のあらすじ

妊娠を機に殺し屋稼業から足を洗ったザ・ブライド(ユマ・サーマン)は結婚式のリハーサルの最中、属していた組織のボスであるビル(デビッド・キャラダイン)とその配下である4人の殺し屋から襲撃を受ける。婚約者である夫と参列者たちが殺され、妊娠していた彼女も凄惨なリンチにより、4年間の昏睡状態に陥るほどの重傷を負わされ、胎内の子を奪われる。昏睡から目覚めたザ・ブライドは、ビルと4人の殺し屋への復讐に向けて動き始める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です