Crouching Tiger, Hidden Dragon (2000) / グリーン・デスティニー / 臥虎蔵龍

『グリーン・デスティニー』(原題: 臥虎蔵龍、英語題: Crouching Tiger, Hidden Dragon)は、2000年の中国・香港・台湾・米国の合作作品で、王度廬の武俠小説『臥虎蔵龍』を原作とした武俠映画である。
第37回金馬奨では最優秀作品賞、最優秀アクション設計賞ほか全6部門、第20回香港電影金像奨では最優秀作品賞・最優秀監督賞(アン・リー)・最優秀助演女優賞(チェン・ペイペイ)・最優秀アクション設計賞(ユエン・ウーピン)・音楽賞(タン・ドゥン)など8部門を受賞している。
第73回アカデミー賞では英語以外の言語による作品ながら作品賞ほか10部門で候補にあがり(監督、脚色、撮影、編集、美術、衣装デザイン、作曲、歌曲、外国語映画)、外国語映画賞など4部門を受賞した。

 ・ Youtube : Crouching Tiger, Hidden Dragon (2000) / グリーン・デスティニー

 ・ amazon movie : Crouching Tiger, Hidden Dragon (2000) / グリーン・デスティニー

Crouching Tiger, Hidden Dragon (2000) / グリーン・デスティニーのあらすじ

剣の名手として武林にその名を知られた武当派の李慕白(チョウ・ユンファ)は、血で血を洗う江湖の争いに悩み、剣を捨てて引退することを決意する。そして、自身の名剣「碧名剣(グリーン・デスティニー)」(原作では青冥剣)を鐵貝勒に寄贈するために、密かに恋心を抱いていた同門の弟子で、鏢局を営む兪秀蓮(ミシェール・ヨー)に託す。兪秀蓮は剣を無事に北京の鐵貝勒宅に届けるものの、その夜、剣は何者かに盗まれてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です